夜な夜な風俗
  
お勧めサイト
フリースペース
      
 

夜な夜な風俗体験談!

全てが非日常、それがキャバクラ!

日常生活との対比が「非日常」だと思うんですけど、キャバクラほど「非日常」って言葉が似合う場所はないんじゃないですかね。あの空間っていうのは本当に非日常。むしろキャバクラを日常って感じれる人っていうのはどんな豪邸に住んでいるんだって思いますよ(笑)それだけじゃなくて美女の存在。ハーレムって言うと語弊があるかもしれないですけど、あれだけたくさんの女の子がいるんです。しかも皆セクシーなドレス姿ですからね。あの姿を見て「やめてくれ」とか思う男なんてこの世にいないんじゃないですか?お店、雰囲気。そのすべてが非日常ですからとっても楽しいんですよ。毎日でも通いたいって思う事もありますけど、まぁ現実的にはそうそう毎日なんて通えないですから、キャバクラに行った時っていうのはついつい力んじゃうというか、「今日は楽しむぞ!」みたいな気合いが入っちゃう事もあるんですけど、それも仕方ないんじゃないかなと思う程の世界が広がっているんです。

寒くなってくるとよりいっそう人肌が恋しくなってきます

寒くなってくるとよりいっそう人肌が恋しくなってきますね。そんな夜はピンサロが手頃でいいいですよ。 女の子はお気に入りの子が1人出勤していましたから指名しました。あとはお任せですね。今日は指名した女の子が3番目なので好打順ですよ。とりえあず1人目の女の子を待ちます。来てくれたのはどこの部屋?っていう感じの巨体の女の子でした。それでもフェラチオは分厚い唇でチュパチュパ吸ってくれるので不覚にも漏れそうになりました。というか濃いのがちょっと出たらしくて「少しでちゃいましたね」ってにっこりといわれましたよ。性格も良さそうで容姿が悪いのがすごく残念な子でした。それでも若いから抱き心地もよくて肌が綺麗なのがいいですね。もっとダイエットしたらいいのになと思いながら次のピンサロの女の子を待ちます。次はまぁまぁですというか1番目が地雷のような女の子でしたから誰がきてもOKという気持ちになっていたので2番目はすごく気が楽だったんじゃないでしょうか。

開業はしやすいのですがそのあとの競争が厳しいんです

風俗といえばファッションヘルスが一般的なんですけどね。いまではデリヘルが一番人気となっています。それにはいろいろあるのですが、どちらかというとこれだけ性風俗産業が発達しているように見えますが、関係省庁とくに警察などは風俗産業を広げたくないと考えているんですよ。というよりも表に出したくないとうほうがいいでしょうか。そのため店舗型の性風俗、ファッションヘルスなどは出店が厳しく制限されていますし、ソープランドに至っては新規出店はほぼ不可能な状況です。ですから、ソープランドはいまの場所にしかこれからは存在せず、経営者が廃業しようと思ったら後を引き継ぐ形で存続するという形を取っています。そんな中で出店が容易なのがデリヘルでありホテヘルなのです。とまぁこんなことを言うと面倒なのですが、実店舗を持っていないのでホテヘルは開業がしやすいというだけで安定的に儲けるにはものすごい競争の中を勝ち抜いていかなくてはなりません。